京都 ワキガ 多汗 保険適応

 北尾クリニック 内科 アレルギー科 形成外科

トップ美容外科腋臭症(ワキガ)と多汗症

京都 ワキガ 多汗症 保険適応

トップ 診療時間・地図 クリニック紹介 内科 アレルギー科
形成外科 美容外科 アンチエージングとプラセンタ 美肌 肥満
レーザー 超高濃度ビタミンC点滴 緊急避妊薬と生理周期変更 ファミリー リンク
初診の方へ 運動療法と太極拳 男性型脱毛症 EDと早漏 雑談

北尾クリニック
腋臭症(ワキガ)と多汗症

適応によっては保険適応の皮弁法手術を行います。
気軽にご相談ください。


ワキガで苦しんでられる方は日本人の10人に1人と言われています。けっして珍しい病気ではありません。その場合はワキガ手術。汗腺を減らすことにより、汗の臭いや黄ばみを80%〜90%ほど、量を50%〜60%ほど減少させる手術で、腋臭が強い人や多汗症の人に適応となります。腋臭症はアポクリン汗腺分泌液に細菌が関与して生じるとされます。当院では、効果の高い剪除法を用いています。傷跡は形成処置のため目立ちにくくなります。

一方、
多汗症はエクリン汗腺の産生増加によるものです。手術により、アポクリン汗腺を主に除去すると同時に、ある程度の毛根も除去されるため腋毛の減少も期待できます。汗の量のみを気にされる方はボトックス注射のほうが高い効果が望めます。もちろん、手足陰部にもボトックスの注射は有効です。通常、ボトックスにより臭いは約半分になり、汗の量は約1/5になります。

麻酔の方法について
手術では、通常、局所麻酔で手術します。麻酔の量は少量ですので、お体に影響を及ぼす事はございません。ご希望により、静脈麻酔の併用が可能です。眠った状態で局所麻酔を行いますので痛みを感じる事はありません。最小限度の麻酔深度のため、手術後は少しお休みいただいた後お帰りいただけます。

ボトックス注射では、局所麻酔は必要ありません。痛みに弱い方は皮膚を冷却したり、静脈麻酔を使うこともできます。
手術

手術後の経過と注意点
手術当日より3日間、脇を固定して肩の動きを制限します。固定をしている間は腕の上げ下げや重たい物を持ったりなどの脇が動く動きを避けてください。3日後に固定が外れて動きやすくなりますが、約7日後の抜糸までは無理な動きは避けましょう。抜糸後も腕の上げ下げは徐々に慣らしていくようにして下さい。約1ヶ月しますと激しい運動が可能となります。手術当日は患部を濡らさないようにしてシャワーが浴びられます。固定が外れたら腋もシャワー可です。抜糸の翌日より全身入浴可となります。

お費用(診察料・消費税込み、 静脈麻酔の場合プラス21,600円)
ワキガ手術       162,000円
多汗症ボトックス    64,800円(両脇、手のひら、足の裏、陰部とも)

適応により手術は保険適応になります。3割負担で約40,000円です。
気軽にご相談ください。


Copyright (C)  All Rights Reserved  

[PR]