京都 やせ薬

 北尾クリニック 内科 アレルギー科 形成外科

トップ肥満

京都 やせ薬

トップ 診療時間・地図 クリニック紹介 内科 アレルギー科
形成外科 美容外科 アンチエージングとプラセンタ 美肌 皮膚科 肥満
レーザー 超高濃度ビタミンC点滴 緊急避妊薬と生理周期変更 ファミリー リンク
初診の方へ 運動療法と太極拳 男性型脱毛症  女性型脱毛症 EDと早漏 雑談と医療相談

北尾クリニック

もう太いなんて言わせない!
好評につき、サノレックス3割引にしました。
肥満が多くの疾患を引き起こすことはみなさま周知のことと思います。肥満は単純に摂取エネルギー消費エネルギーで起こります。肥満を解消するには摂取エネルギーを減らすか、消費エネルギーを増やすかしかありません。

たくさんの肥満のかたが、生活習慣病(いわゆるメタボリック・シンドローム)を患われているのを見ると、なんとか肥満を解消しないと、と思いこのページを書きました。

摂取エネルギーを減らす方法を分類すると、断食型、偏食型、バランス型があります。断食型は一番即効性がありますが筋肉が減少します。あまり健康的とは言えないうえに、リバウンドしやすい体になります。偏食型は、糖質を抜くか、脂質を抜くかです。それにより、リバウンドの原因である筋肉の減少を抑えます。この方法はサプリメントが欠かせません。お勧めしたいのはバランス型です。これは3大栄養素を等しく減量するもので一番安全です。やせ薬を利用するならサノレックスです。これは食欲を抑えることにより食事量を減らします。また、特殊なものに、栄養素の吸収を抑える食品や薬物である植物繊維やゼニカルなどがあります。代謝を上げ、脂肪を分解し、基礎体温を上昇させるαリポ酸注射療法にも注目です。

消費エネルギーを増やす方法を分類すると、薬物療法と運動療法に分けられます。薬物には漢方薬やカプサイシンなどの新陳代謝を活発にするもの、運動療法は有酸素運動による方法です。お勧めは、水泳、速歩、ジョギング、太極拳などです。こちらは太極拳のページで詳述しています。部分やせをご希望のかたなら、脂肪吸引メソ注射法です。

どちらが良いかではなく、両面からダイエットを進めましょうね。

Copyright (C)  All Rights Reserved  

[PR]